2018年2月27日火曜日

黄の心理学

先日、黄の心理学の講義がありました。
日本色彩心理学研究所では、各色を追いかける講座を行ない、人間の心理とどのように関わりがあるかということを学んでゆきますが、

本日、療法士の研修会



本日は、色彩心理学療法士の研修会がありました!


2018年2月20日火曜日

2/24.Sat【黄の心理学】

2/24開講の色彩環講座のご案内です。

*************************************************************************
誰でも色彩心理学の授業を単発受講できる!
色彩環講座2018年前期

A4 【 黄の心理学/太陽を描こう 】 

日時:2018年2月24日(土)10:30~14:45(※昼休憩有り)
場所:日本色彩心理学研究所
受講料:8,100円(+材料費500円)

備考:午前中90分に理論講座、午後90分に実践講座を行い、午前と午後セットで1授業となります。筆記用具、ノートをご持参ください。受講料は当日開講前に徴収させていただきます。

◇ お申し込みはこちらから→お申し込み
◇ 色彩環講座について

**************************************************************************
黄色が人の心の諸要素とどのような関係を持っているのか、また、私の内なる黄色について、考察しながら学習してゆきます。
黄色が好きだ、黄色が嫌いだ、それは一体どういうことを表すのでしょうか。
黄の本質への接近とともに受講されることで、より理科が深まりますので、興味のある方はあわせてご参加ください。





春めいてきたのかな


少し春らしい気候になってきました。
神戸は海と山に囲まれた小さなところですが、上を見ても下を見ても季節がよくわかります。
最近はだんだん緑の色が変わってきたように感じます。
海の生物たちも海面から見えるようになってきました。

今週は外部講演や授業や会合で忙しい週になるんです。
そんな時に限っていろんな問題が起こり、
それだけに集中!するには心が未熟で胃が痛くなったりします。

問題やトラブルがある度に思うことは、自分の人間の器の小ささ。まずこれは第一に頭をうつ😓
と、周りの人に関わってもらってやってゆけとるんだなということ。
良い関係だけじゃなく、それほど前向きではない関係もあります。
でも、そういうものの力を借りなければやってゆけないということも思い知ります。

いやはや、もう問題は起こってほしくないと思う。
それでも起こるのは、おそらく誰かが私を鍛えようとしているのか、、、

2018年2月13日火曜日

黄の本質への接近!

こんにちわ。
まだま〜だ寒い。これを”冬将軍”と言うんでしょうか。

先週の土曜日、色彩環講座「黄の本質への接近」を開講しました。

2018年2月6日火曜日

2/10.Sat 【黄の本質への接近】

講座のご案内です。2/10に色彩環講座を開講します。

*************************************************************************
誰でも色彩心理学の授業を単発受講できる!
色彩環講座2018年前期

A3 【 黄の本質への接近 】 

日時:2018年2月10日(土)10:30~14:45(※昼休憩有り)
場所:日本色彩心理学研究所
受講料:8,100円(+材料費500円)

備考:午前中90分に理論講座、午後90分に実践講座を行い、午前と午後セットで1授業となります。筆記用具、ノートをご持参ください。受講料は当日開講前に徴収させていただきます。

◇ お申し込みはこちらから→お申し込み
色彩環講座について

**************************************************************************
黄の本質について接近し、黄色がどのような在り方や特性を持っているかを考察し、学習します。
ぜひ、興味のある方はどなたでもご参加ください。






ワーク作り込み



大切なワーク台紙の作り込みが続く。これで3日目。


2018年2月5日月曜日

秘密

どうでもいい話をまたしますが。

こないだ職場で皆が出払ってしまっていて、

不思議



こんにちわ。先日は体験セミナーがありました。

滋賀からお越しくださった方がいて、遠いところ、そして寒いところありがとうございました。
体験セミナーだけじゃなく、学び舎を営むということは、
たった1本の細い糸を辿って、ここへ足を運んでくれるるという不思議があって。
そうやってたどり着いて出会う1つを大切に思えないわけがないと、いつも考えさせられます。