2018年2月6日火曜日

ワーク作り込み



大切なワーク台紙の作り込みが続く。これで3日目。




下絵を描いて、下絵を写して、レイヤーに分けながら、1層ずつ重ねていく。
そこから細かい表記を入れ込んでいき、
今日は大雑把に文字入れをやった。
文字を入れると、その印象が強くなりすぎて、
結局ひっぱられてしまう。

パッとみてすぐに奥底に飛び混んで、「あ〜納得!」となるような、
そんな図表に仕上げたい。
こういうのは、1日でガッとやってしまうと、ろくなことにならない。私の場合は。
だから時間を細かく切って、
ある程度のところで止めて、
次の日にまた、新しい自分の目で見直す。

この自分が毎日新しい目になることが大事なことだと思う。
それをなんども続けていると、
普遍的な形のようなものも、
普遍的な言葉のようなものも見えてきたり来なかったり。

いかに飽きずに、コツコツ続けられるか、
いかにそこに揺れ動くものを見いだせるか、
それによる結果は遠い向こう側でしか得られないのかもしれないけれど、
それが得られたら、私は自分を繋ぎ止めてゆけるのではないかと思う。
いつでも壊れそうな、
いつでもはみ出したいような自分を。
これは物ではなく、命の話なのだから。
なんちゃって。